また明日。

ガジェットやWebサービス、アニメなどについて書き殴っています。

スポンサーリンク

家庭用シュレッダーとしておすすめ!ナカバヤシ『パーソナルシュレッダー ファインカット』

先日購入したナカバヤシのシュレッダーが家庭用としてすごい便利だったのでご紹介します。

その商品がこちらになります。

学校で配布されたプリントや失敗した履歴書などがいっぱい溜まっていたので、せっかくだしシュレッダーを買ってギザギザに切り裂いてやろうと思いました。

履歴書などの個人情報が記入されているものをそのままゴミ箱に捨てると危ないかなと思うので一家に一台はシュレッダーは必要だと思っています。

とはいえ、会社などにあるバカでかいシュレッダを購入するのは躊躇ってしまいますよね。値段的にも大きさ的にも。あんなに大きなシュレッダーが家にあると邪魔で仕方ないですね。それに家庭から出るプリント類はそこまで多くないと思うので大きいのを購入する必要はないですね。

けど小さいシュレッダーだと機能的にも大丈夫かなとか手動は嫌だな~と思う人も多いと思いますが、この商品はそんな心配を吹き飛ばしてくれました。

 

ナカバヤシのシュレッダーについて

電動でお手軽

もちろん電動です。

このシュレッダーの大きさが結構コンパクトなサイズになっているので手動かなとも思ってしまうのですが、しっかりと電動で働いてくれます。

f:id:kotatuworld:20171002004515j:plain

(写真の撮り方が下手すぎてお恥ずかしい)

 

紙を投入できる幅

投入幅は156mmになっています。使ってみた感じ156mmだとちょっと小さいかなとも思いましたがA4、A5共に2つ折りして使用できるのでそこまで不便さは感じずに投入することができました。

f:id:kotatuworld:20171001190233j:plain

紙が大きかったので4つ折り?になってますけど、紙が厚くなりすぎると詰まってしまうので注意が必要です。

 

細断後の紙の大きさ

2×10mmで細断されます。ここまで細断してくれたら個人情報が漏れることはないのではないでしょうか。

f:id:kotatuworld:20171001191049j:plain

細断後はこんな感じになります。

シュレッダーが紙を切る音聞いてるとなんだか気持ちいいですな~。何故かはわかんないけど。。。

 

注意点

投入する紙を厚くしすぎない

先ほども少し触れたのですが投入する紙の厚さを厚くしすぎると詰まってしまいます。

紙を何枚も同時に入れたり、何回も折りたたんで入れると詰まるので気を付けましょう。

もし詰まってしまったときは、操作スイッチに「逆転」があるので、この「逆転」にした状態で紙を引っ張るようにしましょう。そうしたら紙が抜けて詰まりが解消します。

ちなみに紙が詰まる原因として斜めに投入した場合も詰まってしまうので、斜めになっていないかも投入する前に確認するといいですね。

 

細断くずを満杯にしない

細断後の紙くずをダストボックス(シュレッダーの細断くずを入れる箱)に満杯にしてしまうと細断くずの巻き込みをしてしまうので細断くずの溜まりすぎに注意が必要です。

コンパクトサイズなのでダストボックスもそんなに大きくないので、大量のプリント類を処理するときに次から次へと紙を入れまくってたらすぐに溜まるので特に注意しておいた方がいいと思います。

 

お手入れの仕方

シュレッダーのお手入れをするときは専用のメンテナンスシートを使うことをおすすめします。

 

こちらのコクヨのシュレッダーメンテナンスシートは、このシートを通常通り細断することで潤滑油を刃に行き渡らせることで刃の劣化を防ぎます。

シートを投入するだけなので手間いらずでおすすめです。

お手入れはこまめに行うことで刃の劣化を防ぐことができるので、シュレッダーの寿命を延ばすためにもなにかしらメンテナンスグッズは持っておくといいですね。

 

 

今の時代、どこでどのように個人情報が漏れるかわからないので、できるだけ対策はしておいた方がいいです。

そのために家庭用に一台はシュレッダーを持っておくと安心ですね。