また明日。

ガジェットやWebサービス、アニメなどについて書き殴っています。

スポンサーリンク

ロジクールのトラックボール M570tのレビュー!マウス腱鞘炎を防ごう!

毎日のようにパソコンを扱うためマウスをカチャカチャ動かしていたせいで、手首に負担がかかっていました。

このままでは、マウス腱鞘炎(手首の腱鞘炎)になりかねないと思い、手首への負担が少ないトラックボールを買ってみました。

それがこちら、

パソコン周辺機器のメーカーである、ロジクール(Logicool)のトラックボールになります。

トラックボールを購入してから、手首への負担が少なくなり、ポインター操作が楽になりました。

では、今回はこちらの『ロジクール ワイヤレストラックボール M570t』のレビューを書いていきます。

 

トラックボールとは

トラックボールについては、こちらの記事に書いています。

トラックボールの概要からメリット、デメリットや種類など書いています。

asugakuru.hatenablog.com

 

ロジクール ワイヤレストラックボール M570tのレビュー

使い方

トラックボール本体には乾電池が装着されているので、Unifyingレシーバー(下の画像の丸で囲んだやつ)をパソコンにぶち込めばすぐに使えます。

ちなみに、乾電池1本で最大18ヶ月も使えるみたいです。

f:id:kotatuworld:20171229161359j:plain

ワイヤレスなのでコードがなくてパソコン周辺がスッキリしました。

 

操作性

通常のマウスからトラックボールに移行する際に一番の壁がトラックボールの操作性だと思います。

機器から飛び出したボールを操作することでポインターを動かすので通常のマウスと操作性が全然違います。

といっても、ロジクールのトラックボール M570tは親指操作なので、そんなに難しくはありません。

僕の場合、使い始めた日には慣れました。

今では親指で「パパッ」とポインターが動いてくれるので手首への負担が少なくなって助かっています。

 

手を置きやすい形

手を置きやすいように緩いカーブがあります。

手のことを考えた親切な作りですね。

f:id:kotatuworld:20171229154317j:plain

 

戻る・進むボタンで快適なページ移動

トラックボールに戻る・進むボタンがあるため、いちいちポインターを左上の矢印の所に移動させなくても、トラックボールに付いている戻る・進むボタンを押したらページが変わるのでネットサーフィンなどが快適に行えます。

f:id:kotatuworld:20171229155842j:plain

 

M570tのレビューのまとめ

トラックボールを使い始めてから、もっと早くトラックボールを使えば良かったと思いました。

トラックボールを使う前と後では手首への負担が全然違います。

今はまだ大丈夫でも、長時間パソコンを操作する人は今後手首を痛める可能性が高いので、マウス腱鞘炎になっていない今のうちに、トラックボールに変えるのも悪くないと思います。