また明日。

ガジェットやWebサービス、アニメなどについて書き殴っています。

スポンサーリンク

男のすね毛処理の方法から保湿のやり方

最近では、女性の中で男性にすね毛処理してほしいと思っている人が多くいるみたいです。

そりゃ、もじゃもじゃしたすね毛丸出しで短パンとか履かれると嫌ですよね。

けど、男性の場合すね毛を処理する習慣がないため、どうやっていいか分からない人が多いと思います。

 

中には、

「とりあえず剃っとけばいいんでしょ?」

と考える人もいると思いますが、処理と言ってもつるつるにするだけがすね毛の処理ではないです。すね毛を整えることも処理になるので、すね毛の整え方もご紹介します。

 

すね毛処理の方法

すね毛処理の方法にはいろいろな方法があるので、1つ1つ紹介していきます。

 

整える(梳く)

つるつるにするのが嫌な人には、すね毛を梳いて整えるやり方をおすすめします。

梳くと言っても難しくはありません。ムダ毛専用のすきカミソリがあるのでそちらを使用することで誰でも簡単にすね毛を梳いて整えることができます。

 

やり方

  1. すきカミソリをムダ毛に当て滑らせる
  2. 保湿

 

以上です。

すきカミソリさえ用意すれば、後は超簡単にすね毛を整えることができます。

毛を梳いただけとはいえ、カミソリを肌に当てているので保湿は行っておきましょう。

剃る

女性でも多くの方がやっている方法であり、すね毛の処理の方法としては王道ではないでしょうか。

しかし、男性の場合だと、すね毛を剃ってつるつるにするのには抵抗がある方も多くいると思います。

つるつるにはしたくない場合は、梳くやり方か下で紹介している脱色クリームをおすすめします。

つるつるにしようと考えている方はこちらを参考にしてみてください。

 

やり方

  1. すね毛が長い場合はすきカミソリで、ある程度量と長さを整える
  2. 潤滑油を剃りたい部分に塗る
  3. 順剃り(毛の流れに沿って剃る)
  4. 逆剃り
  5. 保湿

 

これまでにすね毛を処理してこなかった人や、処理したことはあるけど毛が伸びた方は、カミソリで剃る前に、すきカミソリなどで整えてからの方が剃りやすいです。

毛が長いとカミソリに毛が絡まって剃りづらくなります。

次に、潤滑油を塗ります。

シェービングローションでもいいですし、ボディークリームなどでも構いません。

から剃り(なにも塗らずに剃ること)をした場合、肌を思いっきり痛めつけてしまうので、ローションなどは絶対必要です!

剃り方ですが、まずは順剃りからしていきます。

順剃りをして長さを短くしてから逆剃りでつるつるにします。

 

これで毛は処理されますが、ここで終わってはいけません。

というのも、毛を剃った後はちゃんと保湿してあげないといけません。

保湿に関しては下の方で書いているので、そちらも読んでみてください。

 

除毛クリーム

すねをつるつるにしたいけど、剃り負けする人などには除毛クリームをおすすめします。

 

やり方

  1. 除毛クリームを処理したい毛が隠れるくらい塗る
  2. 5分~10分放置
  3. ティッシュや付属のヘラなどでクリームと毛を拭き取る
  4. 洗い流す
  5. 保湿

 

5分~10分程度放置しておくだけなので、剃るよりも短時間で毛の処理が可能です。

剛毛の方でも、そのまま除毛することは可能ですが、事前にすきカミソリなどで軽く毛を梳いておくとより一層仕上がりが良くなります。

剃ったり、抜いたりするのに比べ痛みが少なく済むので痛いのは嫌だという人にもおすすめです。

除毛クリームをすね全体に塗る前に、すねの一部に少しだけ塗って様子を見てください。その際に、赤みが出たりしたら使用しないようにしてください。

脱色クリーム

毛の長さや量はそのままで、毛の色を抜くことですね毛を処理する方法です。

毛の長さや量は変えずにすね毛を目立たせなくすることができます。

 

やり方

  1. 商品の説明に従ってA剤とB剤を混ぜる
  2. 脱色クリームを処理したい毛が隠れるくらい塗る
  3. 10分程度放置
  4. 脱色できていたらクリームをぬるま湯で洗い流す
  5. 脱色が不十分ならあと5分程度放置した後にぬるま湯で洗い流す
  6. 保湿

 

除毛クリームと同じように、脱色クリームを使用する前には一度、脱色したい部分に少量塗り様子を見てください。

問題なければ脱色クリームをすね全体に使用して大丈夫です。

 

脱毛テープ

毛を引き抜くので剃るよりもつるつるになります。

短時間でつるつるになるのですが、毛を引き抜くのでかなりの痛みが待ち受けていますので使用する際には覚悟を持って使用してください。

 

やり方

  1. 毛を5mm程度に整える
  2. シートを両手で挟み擦ることで温める
  3. シートを抜きたい毛の部分に貼る
  4. 毛の流れとは逆方向に一気に剥がす
  5. 保湿

 

短時間でつるつるにできるとはいえ、とにかく痛いので痛いのは嫌だと言う人はやらない方がいいです。

短時間でつるつるにしたい人で我慢できる人にはおすすめです。

一度抜いてしまえばカミソリで剃るよりもつるつるでいられる期間が長いので、すね毛処理の頻度を少なくすることができます。

 

 

毛を抜く方法としては脱毛テープ以外にもブラジリアンワックスもあります。こちらは上手く抜くためにコツが必要だったり値段が高いので、手軽に毛を抜きたい場合は脱毛テープをおすすめします。

しかし、ブラジリアンワックスの方が良く抜けて肌にも優しいので値段が多少高くても気にしない方はブラジリアンワックスの方をおすすめします。

 

 

保湿のやり方

毛を処理した後は肌のバリア機能が大きく低下しているので、保湿機能が高い乳液やクリームを使用しましょう。

 

 

ただ使用するのではなく、毛の処理を行ったらすぐに保湿してください。

保湿クリームなどを塗る際はたっぷり塗り、しっかりと保湿を行います。

保湿を行う際の化粧品には商品ごとに成分が異なってくるので、処理後の状態に合わせて化粧品を選ぶのも重要になってきます。

 

毛の処理自体も大事ですが、その後のケアも怠ってはいけません。

毛を処理した後だけではなく、普段から保湿は行うようにすることも重要です。

 

すね毛処理の方法と保湿のまとめ

すね毛処理の方法にはいろいろな方法があります。

今回紹介した方法以外にも永久脱毛が行えるレーザー脱毛や光脱毛などもあるので、今後毛の処理を行いたくない方や毛を永久的に無くしたい方は永久脱毛について考えてみてもいいかと思います。