また明日。

ガジェットやWebサービス、アニメなどについて書き殴っています。

スポンサーリンク

ブルーライトはどうやって対策する?【ブルーライトカット】

ブルーライト

人の身体に悪影響を及ぼすブルーライトですが、現在ではいろんなものから放出されています。

身近なもので言えば、やはりパソコンやスマホではないでしょうか。

仕事でパソコンを使う人なんて毎日何時間もパソコンと睨めっこしていますよね。

学生や仕事でパソコンを使わない人でも、休憩中など暇があればスマホを取り出して遊んでいる人は少なくないと思います。

現代社会では毎日パソコンやスマホを扱うのが普通になっています。

そこで問題なのが、パソコンやスマホから発せられるブルーライトによる、身体への影響です。

パソコンやスマホを扱う時間を少なくしたら、ブルーライトを取り込む時間も少なくなるのですが、仕事でパソコンを扱っている人などは特に難しいですよね。

そこで、パソコンやスマホから発せられるブルーライト対策をご紹介します。

 

ブルーライトとは

読んで字の如し、青色の光です。

と言われても、パソコンやスマホから青色の光なんて出てないよ?

と思いますよね。

ブルーライトを簡単に説明すると、LEDが発している光の一部といった感じです。

紫外線と波長が近くて強いエネルギーを持っているため、人の身体に悪影響を及ぼすと言われています。

主な症状としては、視力の低下や睡眠障害といった症状を引き起こしてしまいます。

寝る前にスマホで遊んでいたら、中々眠れなくて遅刻したなんて経験がある人は少なくないと思います。

その原因がブルーライトです。

パソコンやスマホはつい使いすぎてしまいますので、しっかりと対策を行うようにしましょう。

 

ブルーライトの対策

ブルーライトの対策にはいくつかの方法があるので、それぞれご紹介していきます。

 

ブルーライトカットメガネで対策

最近では仕事でパソコンを使う人を中心に多くの人が使うようになりました。

職場でもブルーライトカットメガネを使っている人をちらほら見かける程なので、着実に世の中に浸透してきているのを感じます。

高性能なものやおしゃれなものなど種類も豊富にあるので、自分に合ったものを探してみてください。

 

ブルーライトカット保護フィルムで対策

こちらはパソコンやスマホに、ブルーライトカットの機能を持った保護フィルムを貼ることで、ブルーライトから目を守ることができます。

パソコンやスマホにフィルムを貼るだけなので、手間がかからないで簡単にブルーライト対策ができます。

 

パソコン・スマホの設定やアプリで対策

メガネや保護フィルムは当たり前ですがお金がかかりますよね。

しかし、パソコン・スマホの設定や無料アプリ等を使えばお金をかけずにブルーライトの対策が行えます。

なので、まずは設定やアプリで対策してみてはいかがでしょうか。

 

ブルーライト対策のまとめ

ブルーライトの対策には、ブルーライトカットのメガネや保護フィルム等のアイテムを使用することで簡単に対策ができます。

それ以外にも、パソコン・スマホの設定やアプリを使うことで無料で対策を行うこともできます。

とはいえ、やはり一番良いのはブルーライトを浴びないことです。

現代社会において、1日中パソコンやスマホが発しているブルーライトを浴びない生活を送るのはかなり難しいので、できる範囲でブルーライトを避けるようにしてみてください。

例えば、寝る1時間前からパソコンやスマホは使わないようにしてみるだけでも、生活の質が変わってくると思います。