また明日。

ガジェットやWebサービス、アニメなどについて書き殴っています。

スポンサーリンク

サーキュレーターとは?扇風機とどこが違うのかを説明!

サーキュレーター扇風機違いってご存じですか?

サーキュレーターと扇風機って形が似ているし、家電量販店等に行くと、扇風機のコーナーにサーキュレーターも売られているので、同じものだと思っている人って結構いると思います。

どちらも風を起こすという意味では同じですから。

しかし、サーキュレーターと扇風機は全くの別物なんです。

そこで、サーキュレーターが一体どういったものなのかを解説し、サーキュレーターと扇風機の違いについてご紹介します。

 

サーキュレーターとは

サーキュレーターは「空気を循環」させるためのものです。

空気の性質上、冷たい空気は下に、暖かい空気は上に溜まるようになっています。

そのため、エアコンのみを使う場合は、クーラー(冷房)もしくは暖房の空気を部屋中に行き渡らせることができません。

しかし、エアコンとサーキュレーターを併用することで、空気を循環させ、夏場は床に溜まった冷たい空気を、冬場は天井に溜まった暖かい空気を部屋中に行き渡らせることができます。

このように、サーキュレーターは部屋中の空気を循環させることで、無駄に温度を変える必要がなくなるので、効率的にエアコンを使うことができて節電に繋がります。

 

サーキュレーターはこんな使い方もできる

サーキュレーターの主な使い道は空気を循環させることですが、実はそれ以外にも便利な使い道があるんです。

洗濯物にサーキュレーターの風を当てることで、早く乾かすことができます。

扇風機でも同じことはできますが、風の勢いが強いサーキュレーターであれば、扇風機よりも早く乾かすことができます。

梅雨時期に大活躍してくれます。

 

サーキュレーターのメリット

サーキュレーターの一番のメリットは空気を循環させて、冷房や暖房の空気を部屋中に行き渡らせることができることです。

それにより、節電の効果もあります。

それだけではなく、サーキュレーターは空気を循環させることで、これまではエアコンの風が届かなかった場所にも空気を届けることができます。

キッチンや廊下がエアコンと離れていて、そこまでエアコンの風が届かなくて困っている方は、キッチンや廊下に風を送るようにサーキュレーターを置いておくことで、自在にエアコンの風を送ることができるようになります。

他には、部屋干しにも大活躍なので、夏と冬はエアコンと併用、梅雨時は部屋干しに使えるので、1年中使えます。

 

サーキュレーターのデメリット

サーキュレーターは空気を循環させるために、一直線に強い風を出しています。

そのため、音が結構うるさいです。

音が気になる方は静音モードが搭載されたサーキュレーターをおすすめします。

 

サーキュレーターはどんな人におすすめ?

サーキュレーターは「エアコン派」の人におすすめです。

エアコンを頻繁に使う人は、持っていて損はありません。

逆に、エアコンをあまり使わない人は、特に買う必要はないと思います。

サーキュレーターはエアコンと併用して真価を発揮するので、エアコンをあまり使わない人がサーキュレーターを買っても、置物になるか、たまに雨の日に洗濯物を乾かすために使うくらいです。

 

サーキュレーターと扇風機の違い

サーキュレーターは「空気を循環させる」もので、扇風機は「風を直接受けて涼む」ものです。

サーキュレーターは遠くまで風を送るため、まっすぐに強い風を起こします。それに対して、扇風機は柔らかい風が特徴です。

 

サーキュレーターと扇風機は全然違うものなので、サーキュレーターを扇風機の代わりとして使うのはおすすめしません。涼むにしては風が強すぎるからです。

しかし、扇風機をサーキュレーターの代わりとして使うことはできます。(一応)

「じゃあ、サーキュレーターっていらなくない?」

そんな風に思われた方もいるかもしれません。

しかし、空気を循環させることに重点を置いて作られているサーキュレーターと比べて、やはり扇風機では劣ってしまいます。

サーキュレーターよりも風が弱く、まっすぐ遠くまで風を飛ばすことができないので、空気の循環を上手くできません。

洗濯物を乾かす際も、サーキュレーターと比べて、扇風機の方が風が弱いため、乾くまでのスピードが遅くなります。

そのため、扇風機をサーキュレーターの代わりにするのもおすすめしません。

扇風機には扇風機の良い点があり、サーキュレーターにはサーキュレーターの良い点があるので、それぞれを使い分けるようにした方が良いですね。