また明日。

ガジェットやWebサービス、アニメなどについて書き殴っています。

スポンサーリンク

Webライターにおすすめのクラウドソーシングはこれだ!

f:id:kotatuworld:20180509010534j:plain

クラウドソーシングでは仕事が日々、発注・受注されていますが、その中でもやはりライティングに関する仕事が多く見られます。

それだけライティングを頼みたい個人や企業が多くいるということです。

だからこそ、Webライターとして稼ぎたい人はクラウドソーシングを利用することで仕事が見つけやすくなります。

そこで、Webライターにおすすめのクラウドソーシングを紹介します。

 

クラウドソーシングとは

インターネット上で仕事の発注・受注ができるサービスのことです。

最近ではこのクラウドソーシングで月数十万稼ぐ人がいたりと、これまでにない働き方として注目を集めています。

 

クラウドソーシングについて、もっと詳しく知りたい方はこちらでクラウドソーシングのメリット・デメリットを書いています。

www.asugakuru.com

 

Webライターにおすすめのクラウドソーシング

ランサーズ

クラウドソーシングの中では一番有名ではないでしょうか。

有名なだけあって掲載されている仕事の数も他を圧倒しています。

ライティングからデザイン制作、システム開発など数多くの仕事が掲載されています。

そのため、Webライター以外の人にもおすすめできるクラウドソーシングです。

もちろん、ライティングの仕事も豊富にあるので、Webライターとして稼いでいこうと考えているのなら登録しておいて損はないサイトです。

 

クラウドワークス

ランサーズと並んで有名なクラウドソーシングです。

登録者数はなんと180万人超えです。

クラウドワークスもランサーズと同じように、多ジャンルの仕事が掲載されています。

ライティングの仕事もいっぱいあるのでクラウドワークスも登録しておいて損はないです。

 

サグーワークス

こちらはライティング専門のクラウドソーシングです。

サグーワークスに登録すると最初はレギュラーライターなのですが、サグーワークス内で受けられるテストに合格することでプラチナライターへと昇格します。

プラチナライターになると高単価の仕事をすることができるようになります。

プラチナライターの案件は基本的に文字単価1円以上のものばかりなので、プラチナライターになることで収益アップを図ることができます。

サグーワークスでガッツリ稼ごうと思うと、プラチナライターになるのが一番の近道です。

 

Shinobiライティング

こちらもサグーワークス同様にライティング専門のクラウドソーシングです。

ShinobiライティングはこれからWebライターになろうと思っているけど、これまでにWebでのライティング経験がない人におすすめです。

というのも、Shinobiライティングはどのサイトよりもお手軽に利用できるので、Webライター初心者の第一歩として利用してみるのにぴったりです。

しかし、お手軽にできる分、Shinobiライティング一本で食べていくのはかなりきついと思います。なので、ライティングに慣れてきたら他のクラウドソーシングをメインにShinobiライティングはサブでやっていくのがいいと思います。

Webライターとしてガッツリ稼ぐのではなく、主婦やサラリーマンのお小遣い稼ぎとしてもShinobiライティングはおすすめです。

 

とりあえず全部登録してみる

Webライターにおすすめのクラウドソーシングを紹介しましたが、やはり自分自身で実際に使ってみないと分からない所もあると思うので、とりあえず全部登録してみて自分に合ったサイトを継続的に使うのがいいと思います。

 

クラウドソーシングで稼ぐためには

クラウドソーシングに登録したら次は仕事を探すことになります。

仕事を探す際は得意ジャンルを攻めた方がいいです。苦手なジャンルの記事を書こうと思ってもなかなか書き終わらないと思います。苦手なジャンルだと知らないことも多いのでそれらを一つずつ調べると効率が悪いです。なので、得意ジャンルを攻めた方が稼ぎやすいです。

Webライターとして仕事を始めた当初は文字単価が低いと思いますが、実績を積むにつれて文字単価が高い仕事に挑戦していくようにすることで収益アップを目指してみましょう。

例えば、

文字単価0.8円で1,000文字書いた場合、報酬800円。

文字単価1円で1,000文字書いた場合、報酬1,000円。

Webライターにとってこの文字単価はとても重要になるので、ライティングをただこなすだけではなく、文字単価も気にしながら仕事に取り組んでみてください。