また明日。

ガジェットやWebサービス、アニメなどについて書き殴っています。

【2018年冬アニメ】絶対観ておきたいおすすめアニメを紹介

2017年もいっぱいアニメ観てきたな~。

よしっ、2018年もアニメ観まくるぞ!

ということで、2018年冬に放送のアニメのおすすめを厳選して紹介していきますぞっ!

 

2018年冬アニメおすすめ

宇宙よりも遠い場所

f:id:kotatuworld:20171206183939j:plain

引用元:TVアニメ「宇宙よりも遠い場所」公式サイト

 

原作:よりもい

アニメ制作:マッドハウス

キャスト:玉木マリ(水瀬いのり)、小淵沢報瀬(花澤香菜)、三宅日向(井口裕香)、白石結月(早見沙織)

OP:、ED:水瀬いのり花澤香菜井口裕香早見沙織「ここから、ここから」

吠える40度、狂う50度、叫ぶ60度、荒れる海原を超えた先にある原生地域。

地球の天辺にある文明を遠く離れた遥か南の果て。

 

これは《南極》〔宇宙よりも遠い場所〕に向かう4人の女の子たちの旅の物語。

 

ボクらは彼女たちを通して、明日を生きるキラメキを思い出す。

TVアニメ「宇宙よりも遠い場所」公式サイト

 

ノーゲーム・ノーライフ』のTVアニメ制作陣が手掛ける完全新作のオリジナルアニメーションです。

四人の少女の旅を通して、僕たちが忘れてしまった好奇心を思い起こしてくれそうな作品ですね。

どんな感動が待っているのか楽しみです。

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

KAエスマ文庫 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 上巻

原作:暁佳奈

アニメ制作:京都アニメーション

キャスト:ヴァイオレット・エヴァーガーデン(石川由依)、クラウディア・ホッジンズ(子安武人)、ギルベルト・ブーゲンビリア(浪川大輔)、カトレア・ボードレール(遠藤綾)、エリカ・ブラウン(茅原実里)、アイリス・カナリー(戸松遥)、ベネディレクト・ブルー(内山昴輝)

OP:TRUE「Sincerely」、ED:茅原実里「みちしるべ」

四年間にわたる大戦が終わったテルシス大陸。戦場で「武器」と呼ばれていた少女、ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、自動手記人形としてCH郵便社で働きはじめる。ヴァイオレットには、戦場で誰よりも大切な人から聞いた忘れられない言葉があった。それを理解できなかった彼女は、仕事を通じて人と触れ合い、言葉の意味を探す。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン - Wikipedia

 

軍人として戦場に立っていた少女が、自動手記人形としての仕事を通してどのように変わっていくのかが凄く興味惹かれますね。

とりあえず、ティッシュは準備しておいた方がいいですね。

 

からかい上手の高木さん

からかい上手の高木さん 1 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

原作:山本崇一朗

アニメ制作:シンエイ動画

キャスト:高木さん(高橋李依)、西片くん(梶裕貴)

OP:大原ゆい子「言わないけどね。」、ED:

中学校の同級生同士である「西片くん」と「高木さん」のやりとりを描くラブコメディ。高木さんが西片くんをからかい、西片くんが高木さんに仕返しをしようとするが、高木さんはそれを上手く躱してしまう、という2人の関係性を軸に、西片くんの視点から描かれている。

からかい上手の高木さん - Wikipedia

 

西片くんと高木さんのやりとりが微笑ましいです。西片くんも高木さんもどっちを見てもほのぼのできて可愛くてニヤニヤしてしまいます。

あ~、もう、ニヤニヤが止まんないよ~。

 

 

刻刻

刻刻(1) (モーニングコミックス)

原作:堀尾省太

アニメ制作:ジェノスタジオ

キャスト:佑河樹里(安済知佳)、間島翔子(瀬戸麻沙美)、じいさん(山路和弘)、佑河真(岩田龍門)、佑河貴文(辻谷耕史)、佑河翼(野島裕史)、佐川順治(郷田ほづみ)、迫(吉野裕行)、潮見(内田夕夜)

OP:MIYAVI vs KenKen「Flashback」、ED:ぼくのりりっくのぼうよみ「朝焼けと熱帯魚」

佑河家に代々伝わる止界術
止界術を使うと、森羅万象が止まった“止界”に入る事が出来る。
ある日、主人公樹里の甥と兄が、誘拐犯にさらわれてしまう。
救出の為にやむを得ず“止界術”を使うが、
そこにいるはずのない自分以外の“動く”人間たちに急襲される。
彼らは、止界術を崇める「真純実愛会」。
止界術を使用する際に必要な“石”をめぐり、
止界の謎、佑河家の謎が徐々に解明されてゆく…

INTRODUCTION|TVアニメ「刻刻」公式サイト

 

原作は未読です。けど、PV観た瞬間、これ絶対面白いやろ!って思いました。

あと、OPとEDが凄い興奮する!特にOPの「Flashback」がテンション上がりますね。PVのとき流れたの聞いて一瞬で惚れてもうたわ!

 

だがしかし2

だがしかし(1) (少年サンデーコミックス)

原作:コトヤマ

アニメ制作:feel.

キャスト:鹿田ココノツ(阿部敦)、枝垂ほたる(竹達彩奈)、遠藤サヤ(沼倉愛美)、遠藤豆(鈴木達央)

OP:、ED:

実家の駄菓子屋を継ぎたくない主人公に対し、駄菓子マニアの社長令嬢が駄菓子の魅力や豆知識をハイテンション気味に解説しつつ、主人公に駄菓子屋を継がせようと画策する姿が描かれている

だがしかし - Wikipedia

 

だがしかし第2期、マジ嬉しいっす!!

また、ほたるちゃんのおっ○いがアニメで拝めるなんて、感無量です。まあ、そんなことは良いとして、『だがしかし』の魅力と言えば、やっぱり駄菓子がいっぱい出てくるところですね。懐かしい駄菓子がいっぱい出てくるから、

「あ~、こんなのあったな~。懐かしい!」

そんな思いに駆られること間違いなしですね!

 

たくのみ。

たくのみ。(1) (裏少年サンデーコミックス)

原作:火野遥人

アニメ制作:プロダクションアイムズ

キャスト:天月みちる(今村彩夏)、桐山直(安済知佳)、桐山真(内田真礼)、緑川香枝(小松未可子)

OP:内田真礼「aventure bleu」、ED:ましのみ「ストイックにデトックス

上京してきた主人公が、女性専用のシェアハウスで職種も年齢も異なる住人たちと共同生活を送りながら宅飲みを楽しむ様子を描く。

たくのみ。 - Wikipedia

 

だがしかし2』と連続放送みたいなので気になって調べてみると面白そうやん!ってなりました。

とりあえず、原作買っときます!

 

博多豚骨ラーメンズ

博多豚骨ラーメンズ (メディアワークス文庫)

原作:木崎ちあき

アニメ制作:サテライト

キャスト:馬場善治(小野大輔)、林憲明(梶裕貴)、斉藤(小林裕介)、榎田(小野賢章)、ジロー(浪川大輔)、ミサキ(悠木碧)、剛田源造(廣田行生)、ホセ・マルティネス(前野智昭)、重松(浜田賢二)、大和(松岡禎丞)、佐伯(平川大輔)

OP:岸田教団&THE明星ロケッツ「ストレイ」、ED:TRI4TH

福岡は一見平和な町だが、裏では犯罪が蔓延っている。今や殺し屋業の激戦区で、殺し屋専門の殺し屋がいるという都市伝説まであった。

博多豚骨ラーメンズ | メディアワークス文庫公式サイト

 

原作ファンなのでアニメ化するとなったときは凄い嬉しかったです!

群像劇として、裏家業の人間たちを描いているんですけど、メインキャラはみんなアクが強くて読んでいて楽しいんですよね。なので、こんなアクが強い奴らをアニメで観られるのかと思うとめっちゃ楽しみです。

 

 

七つの大罪 戒めの復活

七つの大罪 聖戦の予兆 上(完全生産限定版) [Blu-ray]

原作:鈴木央

アニメ制作:A-1 Pictures

キャスト:メリオダス(梶裕貴)、エリザベス(雨宮天)、ホーク(久野美咲)、バン(鈴木達央)、ディアンヌ(悠木碧)、キング(福山潤)、ゴウセル(高木裕平)、マーリン(坂本真綾)、エスカノール(杉田智和)

OP:FLOW×GRANDRODEO、ED:

いまだ人と、ひとならざるものの世界が、分かれてはいなかった時代。ヘンドリクセンとドレファスの二大聖騎士長の支配から王国を奪還した<七つの大罪>とエリザベス、ホーク。王国誕生祭も無事に終わり、リオネス王国にようやく平和が訪れた。だが、次なる脅威の予兆は確実に生まれつつあった――

七つの大罪 戒めの復活 : 作品情報 - アニメハック

 

新シリーズ『戒めの復活』放送決定に続き、劇場版が2018年夏公開決定したみたいです。

『戒めの復活』もそうだけど、劇場版も楽しみで仕方ないです!

 

りゅうおうのおしごと!

りゅうおうのおしごと! (GA文庫)

原作:白鳥士郎

アニメ制作:project No.9

キャスト:九頭竜八一(内田雄馬)、雛鶴あい(日高里菜)、空銀子(金元寿子)、清滝鋼介(関俊彦)、清滝桂香(茅野愛衣)、夜叉神天衣(佐倉綾音)

OP:Machico「コレカラ」、ED:伊藤美来「守りたいもののために」

16歳の若さで、棋界の二大タイトルの一つである「竜王」を奪取したものの、その後大スランプに陥っていた主人公の九頭竜八一。そんな彼が3月のある日自宅に帰ると、なぜか女子小学生の出迎えを受ける。

りゅうおうのおしごと! - Wikipedia

 

将棋を題材にしているけど、将棋が分からなくても楽しめる作品です。

それにしても最近、将棋がめっちゃ流行ってますね。藤井四段の影響ですかね。ちなみに、僕はまったく将棋はできません。

 

恋は雨上がりのように

恋は雨上がりのように(1) (ビッグコミックス)

原作:眉月じゅん

アニメ制作:WIT STUDIO

キャスト:橘あきら(小松菜奈)、近藤正巳(大泉洋)

OP:CHiCO with HoneyWorks「ノスタルジックレインフォール」、ED:Aimer「Ref:rain」

感情表現が不器用で一見クールな17歳の女子高生・橘あきら。彼女はアルバイト先のファミレスcafeレストラン ガーデン』の店長である45歳の近藤正己に密かに想いを寄せている。自他共に認める“冴えない男”の近藤だが、あきらはそんな彼の魅力を「自分だけのもの」として、胸に秘めた恋心を募らせていた。

恋は雨上がりのように - Wikipedia

 

怪我で陸上を諦めた女子高生と昔、夢を諦めたファミレスの店長(45歳)の純粋で熱い思いが涙腺を抉るそんな物語です。

こんなにも純粋で一途な恋が他にあるだろうかと思ってしまいました。

 

BEATLESS

BEATLESS

原作:長谷敏司

アニメ制作:ディオメディア

キャスト:遠藤アラト(吉永拓斗)、レイシア(東山奈央)、紅霞(冨岡美沙子)、スノウドロップ(五十嵐裕美)、サトゥルヌス(下地紫野)、メトーデ(雨宮天)

OP:GARNiDELiA「Error」、ED「PRIMALove」

22世紀初頭、社会のほとんどをhIEと呼ばれる人型ロボットに任せた世界。21世紀中ごろに超高度AIと呼ばれる汎用人工知能が完成し、人類知能を凌駕、人類は自らより遥かに高度な知性を持つ道具とともに生きていた。

BEATLESS - Wikipedia

 

現実でも近い未来に実現するんじゃないかと思う、高度な知性を持つ人型ロボットや超高度AIを描いているのが凄い惹かれます。

もちろん、物語自体も楽しみです。

 

まとめ

以上、2018年冬アニメのこれは絶対に観ておきたいアニメの紹介でした。

これから、もっともっと寒くなるのでこたつに入ってみかんでも食べながらゆっくりアニメライフを送りたいですね。