また明日。

ガジェットやWebサービス、アニメなどについて書き殴っています。

ゲームに課金する人の心理と廃課金の対策についての考察

度々ニュースになる課金問題。

f:id:kotatuworld:20180223132952p:plain

小学生が親のクレジットカードを使って莫大な額の課金をしてしまったり、課金するために借金する人までいます。

普通に生活していてこんなニュースを耳にしても、自分は大丈夫だろうと他人事のように考えていませんか?

しかし、本当に大丈夫なのでしょうか。

課金という脅威は既にあなたのそばに潜んでいるのかもしれません・・・

 

というわけで、廃課金してしまい破産しないように廃課金してしまう人の心理や重課金、廃課金の対策を考察していきます。

 

廃課金の心理

成功体験

ギャンブル依存症の人でギャンブルの成功体験がきっかけで依存症になった人って結構多くいると思います。

課金においてもそれと同じ現象が起きているのではないかと思います。

ギャンブルで勝つことによってお金が増える経験をする。これがギャンブルでの成功体験です。

ギャンブル依存症に陥る前に、ギャンブルをして勝つことで旨味を感じてしまい、それがきっかけでギャンブルの沼にハマっていくのだと思います。

課金の場合、ガチャを回すことでレアキャラが出ることで旨味を感じ、課金の沼にハマっていってしまうのではないでしょうか。

ゲームって初期段階だと課金するためのアイテムが簡単に手に入るけど、ゲームを進めていくとなかなか手に入れることができないですよね。そのため、レアキャラを手に入れる旨味を味わうために課金してしまうのかもしれません。

 

収集癖

ゲーム内キャラやカード、アイテムを全部集めるために課金する人もいると思います。

けど、ゲーム内のキャラなどをコンプリートするのってなかなかできないですよね。人気のソシャゲだと何百種類もカードがあります。それらを全て集めるためには無課金でコツコツゲームをプレイしていても埒が明かないですよね。コンプリートするためにはやはり課金するのが手っ取り早いです。

レアキャラになればなるほど出現率は低くなります。ゲームによっては何百回ガチャを回してもレアキャラが一体も出ないなんとこともザラにあります。

レアキャラが出たと言ってもキャラが被ることだってあります。

そうなるとコンプリートするためにはいくら課金しないといけないのでしょうかね?

 

「・・・」

 

怖いですね。

 

微課金から廃課金に

「少しだけなら・・・」

ダイエットに挫折する人の決まり文句ですね。

「少しだけお菓子食べるなら問題ないよね笑」

から気づけばケーキを頬張っている人っていますよね。そうやってダイエットに挫折しちゃう人。

課金もそれと同様に始めは微課金だったのが気づけば廃課金者になってしまう。

しかも、たちが悪いのが微課金したタイミングでスーパーレアとかが出てしまうことです。

先ほどの成功体験ですね。

無課金でやっているときは全然出なかったレアキャラが課金したらすぐに出てしまうと、課金した方がレアキャラが出る確率が高いのでは?と考えてしまう人もいると思います。実際はそんなはずないのに。

そんな考えに陥ってしまうと廃課金者になるのもそう遠くはないでしょう。

 

強くなりたい

ゲームをしていて強くなりたいと考える人はたくさんいます。楽しいからゲームしていても、せっかくなら強くなりたいですよね。

最近はオンラインゲームが充実してきています。そのため、PvPやランキングなどのシステムも充実してきました。

自分の強さが勝率やランキングなどで数値化します。

そのため、勝率を上げたい、ランキング上位者になりたいと考えてしまうのはもはや必然ではないでしょうか。

強さを求め、課金で強武器を手に入れようとし、廃課金に走ってしまうのです。

 

対策はできるのか?

廃課金をしてしまわない対策についても考えてみました。

まずは自分自身でルールを設けます。1ヶ月で何円までなら課金してもいいというようにルールを設けて、しっかりとルールを守るようにすれば重課金や廃課金をすることはなくなりますね。

とはいえ、それはルールを守れた場合の話です。欲を前にして絶対にルールを守れるとは限りません。ルールを守れず決めた額以上の課金をする人もいるでしょう。

そういう方は、「Google Playカード」や「iTunesカード」などで課金をしてみてはいかがでしょうか。

クレジットカードだとついつい使い過ぎちゃいますので、コンビニに足を運んで現金を使うことで「お金」を使っている感覚を持つことで自制心を強く持つようにしましょう。

もしくはデビットカードを使用してみるのもいいですね。デビットカードに課金する分のお金だけを入れておけば、その額よりも多くの課金ができないので重課金、廃課金の対策になります。

それでも廃課金者から抜け出せない人は「アンインストール」するしかありません。

好きなものを辞めるのは辛いことだとは思いますが、借金してしまうよりかは何倍もましです。

これ以上課金はしたくないけどアンインストールするのは躊躇ってしまう人は自分以外の人にアンインストールしてもらうように頼んでみるのもいいかもしれません。

 

まとめ

課金の恐ろしさは誰でも重課金者、廃課金者になってしまうところです。

一部の人だけではなく課金のシステムが搭載されているゲームをやっている人は皆気を付けなければ課金の沼にハマってしまうのです。

 

課金って恐ろしいですね!

 

ここまで書くと課金は悪みたいに見えるかもしれませんが、そうではありません。

生活に支障が出ない程度の課金であればゲームをより楽しむことができるのは課金の良い点です。

なので、ルールを決め課金するなどすればゲームを何倍も何十倍も楽しめます!