面白すぎるおすすめのアニメ映画【2019年版】

おすすめアニメ

アニメ映画と言えば、どんな作品を思い浮かべるでしょうか。

多くの方はジブリ作品や「君の名は。」などの大ヒット作品ではないでしょうか。もちろん、ジブリや「君の名は。」も面白いですが、他にも様々な面白いアニメ映画が放映されています。

そこで、当記事ではおすすめアニメ映画を紹介しています。

スポンサーリンク

おすすめのアニメ映画

時をかける少女

細田守監督作品のなかで一番好きなアニメ映画です。細田守作品といえば、少しファンタジー色がつよく、獣系のキャラが出てくることが多いイメージがあると思います。ただ、時をかける少女には原作があり、その原作を上手く細田守作品として描いているところが凄いと感じました。

また、細田守監督は時をかける少女でヒットする以前は、デジモンやワンピースなど有名アニメ作品の映画監督というイメージが強かったのですが、時をかける少女で細田守の凄さを世に出したと思います。

アニメ映画の放映後、実写化などもあり、再び「トキカケブーム」が来ることになります。それほど社会に影響力を与え、ヒットを生んだ素晴らしい作品です。恋愛映画とSFチックな設定を混ぜたものになっており、幅広い世代の方が楽しめる映画となっています。

まだそこまで有名でない駆け出しのころの仲里依紗さんや谷村美月さんなどを起用していたのですが、駆け出しとはいえ、さすがの上手さでした。

何でもない日常の描き方が素晴らしく、そこから少しずつ物語を展開していくのが上手い監督だと思います。

サマーウォーズ

サマーウォーズも時をかける少女と同様に細田守監督の大ヒット作品の一つです。夏休みになると必ずといっていいほどテレビで放送される夏の映画の定番となったアニメ映画です。

細田守監督ファンであれば、細田守監督が駆け出しの頃に作成したデジモンの映画「僕らのウォーゲーム」を思い浮かべる方おられるかもしれませんが、物語のベースは僕らのウォーゲームではないかと思っております。

非常に観ていてワクワクして、そして観終わってスカッとする素晴らしいアニメ映画です。ノスタルジー溢れる、田舎が舞台ですが、物語の軸は仮想現実が広がっている世界となっており、どこかSFチックな部分も感じられます。

物語のバランスが素晴らしく、子供が観てワクワクし、大人が観たら懐かしいと感じるそんな世界を描いています。声優には、ヒットする作品はこの人が携わっていると言われる神木隆之介さんが演じられています。

声優としてのクオリティも素晴らしく、プロっぽさは薄いですが、違和感が無い素晴らしい人選だと思います。

心が叫びたがってるんだ。

製作会社はA-1Picturesとなっており、ノイタミナ枠で放送されていた「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」のスタッフが集まって作成された作品です。物語は少し「あの花」に似ているところがあり、主人公たち数名が何か不満を抱えているのですが、それを一人の女の子がきっかけで解決に向かうというストーリーとなっています。

映画のテーマとしては青春を感じられる切ないストーリーになっており、感動系のアニメ映画です。声優はプロの声優が演じられているのも特徴で、映画としての作り込みは素晴らしいです。絵柄は、「あの花」の絵柄に似ており、少しオタクモノの雰囲気もあるのですが、ストーリーが素晴らしいので抵抗感がある人は気にせず是非観てみてください。

個人的に一番引っ掛かるところが「卵の妖精」なのですが、このキャラが賛否を呼んでいるようです。話を最後まで観てもらえば納得できるのですが、すこし違和感を感じる方もいるかもしれません。

おおかみこどもの雨と雪

細田守監督が描くヒューマンドラマのアニメ映画です。前作の「サマーウォーズ」から数年、サマーウォーズがアクティブな作品だったのに対し、この作品は狼と人間の間に生まれた者たちのストーリーというなんとも現実離れした設定となっています。

ぱっと聞くとどうなるんだと感じる方もおられるかもしれませんが、そのあたりは細田守監督の手腕が発揮されるところで素晴らしい出来に仕上がっています。物語としては、二人の狼子供の母親の心情を描くものとなっており、狼として生きるのか、人間として生きるのかという二つの選択を母親としてどの様に支えるのかというところを上手に描いている映画となっています。

サマーウォーズを見た方が期待してみたら、少し物足りないと感じる方もおられると思います。正直、万人受けする映画ではありません。ただ、細田守監督のファンであれば見ておくべき映画とも言えます。

サマーウォーズのようなアニメ映画を期待している方には「バケモノの子」をおすすめします。逆に、感動系が好き、現実離れしたヒューマンドラマが好きという方は「おおかみこどもの雨と雪」をおすすめします。

聲の形

マガジンで連載していた漫画が原作のアニメ映画となっています。監督は、あの人気アニメ「けいおん!」の作品も務められた山田尚子監督が描いており、絵柄はすこし似ていると感じる方もおられるかもしれません。

作品としては、ラブストーリー、ヒューマンドラマといったところでしょうか。ただ、この作品のすごいところは、聴覚障害を扱っていると言うところです。ヒロインと主人公の少年が色々と人間的に成長している物語なのですが、観ていて「チクッ」と胸が痛くなるシーンもあります。

いじめに対して本気で正面からぶつかった素晴らしい作品であると言えます。キャストには、プロの声優さんを起用しており、演技も素晴らしかったです。物語のテイストは、障害をもったヒロインを取り扱っている社会的な部分と、主人公とのラブストーリー、そして主人公とヒロインの成長を描くヒューマンドラマとなっており見ごたえがあり、おすすめのアニメ映画です。

おすすめのアニメ映画:新海誠

新海誠と言えば、「君の名は。」で有名ですが、他にも様々な名作のアニメ映画を世に放ってきました。そんな新海誠監督の作品の中から「君の名は。」も含め特におすすめのアニメ映画を紹介します。

秒速5センチメートル

2007年に放映された新海監督の作品です。前作の「雲の向こう」という作品が非常に好評で、満を持して描くラブストーリーになっています。作品としてはかなり切ないストーリーとなっています。

山崎まさよしさんの楽曲を用いており、非常に繊細な人間の恋愛描写を美しく描いています。新海監督を「君の名は。」で知った人なら少し意外性を感じる作品かもしれません。

ただ、全体を通して非常にクオリティが高く、話の内容が作りこまれておりしっかりした内容の作品となっているのでもし観たことのない方は是非観てみてください。映画としてはノスタルジックな空気感であり、非常に美しい絵で作りこまれているところに非常に人気があります。

ストーリーの内容としては賛否に分かれていますが、新海監督を知りたいと思っているなら是非観てみてください。

君の名は。

爆発的人気により社会現象となったアニメ映画です。あのジブリ作品を除き、あれだけの動員数や興行収入を得たのは素直に凄いと言わざるを得ません。

ストーリーとしては、SFチックな恋愛映画です。物語のカギを握るのは、「入れ替わり」という設定であり、よくある設定なのかもしれません。シンプルな設定なので、どの世代、そして男女共に入り込みやすかったのではないでしょうか。

元々、人間の感情を描くのに定評があった新海監督、そんな監督のセンスが爆発した映画です。また、この映画の特徴は楽曲全てにあの有名バンド「Radwimps」の野田洋次郎さんが手がけているところです。

非常に繊細な音楽、そして新海監督が描く美しい絵柄がマッチした素晴らしいアニメ映画になりました。

また、新海監督ファンであれば分かるかと思いますが、新海誠監督の作品は切ないラストが非常に多いのですが、「君の名は。」はハッピーエンドに近い終わらせ方をしており、かなり意外でした。

言の葉の庭

個人的に一番新海監督の映画の中で好きな作品です。物語は、二人の男女が描くはかない恋愛ストーリーになっています。人間ドラマの映画ともとれるこの作品は、絵、脚本、音楽、全てが素晴らしく新海監督の全てがこの作品に詰まっていると思います。

ただ、アニメ映画としては、賛否が非常に分かれており、観る人によっては「リアルさに欠ける」、「観ていて気持ちがよくない」という意見も多く見られました。確かに、批判的な意見があるのは理解ができます。特にヒロインであるユキノという女性に対して、すこし「えぇ…」と感じるシーンがあります。

ただ、物語全体を通して景色や描写がすごく綺麗で、観ていてうっとりするような描き方をしています。どちらかといえば、男性の方がぐっとくる事が多いかもしれません。新海監督の映画が男性ファンが多いのは、この映画が原因といっても過言ではありません。男性の理想を描いたような映画となっています。

スポンサーリンク

おすすめのアニメ映画:ジブリ

アニメ映画と言えば「ジブリ」と言っても過言ではないくらい、ジブリ作品はアニメ映画というジャンルを築いてきた存在です。そんなジブリ作品の中から、おすすめの作品を3作品紹介します。

となりのトトロ

子供の時に観た時と大人になってから観た時でかなり違った印象を持ちました。特にトトロという映画まさに子供向けの映画だと思うのですが、大人になってまた観たトトロの印象はかなり違って見えました。

特にそう思ったのがトトロや猫バスといった存在が子供にしか見えないという設定に注目してしまったというのがありました。子供の時は何となくそうなんだと思って観ていたのですが大人になってからは、なぜ子供にしか見えないのか、またトトロはどういう存在かという点が気になってしままいました。

これがまさにとなりのとトトロという映画の答えな気がしています。子供の時には純粋な気持ちで当たり前の存在としてトトロを受け入れる事ができたのですが、大人になってからはトトロという存在に疑問が現れ、ストーリーの本当の意図が何かを考えさせられる作品のように思います。

大人になると子供のときとは、また違った考えで視聴していました。しかし、メイたちの小さな冒険などは大人も子供も関係なしに楽しめる内容になっています。

千と千尋の神隠し

千と千尋の神隠しは本当に魅力的なアニメ映画です。まさに一人の少女の成長を描いた映画で物語冒頭では千尋はすごく気だるげな表情で登場しますが、湯婆婆のお湯屋に行ってそこで働くことになってからはまるで違った表情を見せています。

生きるために必死だったからとも言えますが、それでも一人の人間として魅力的に描かれているのが良かったです。また、ただの少女の成長物語で終わらずに、しっかり小さい少女の淡い恋愛も描いているのが良かったです。

ただ、観ていて気になったのは千尋がやたらと色んな登場人物に好かれるというのが気になりました。急に湯婆婆の子供に好かれたりカオナシに好かれるという展開には少し無理があるように思いました。

しかし、全体を通して素晴らしい出来で、ジブリ作品の中でも特に名作中の名作といっても過言ではありません。

風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカといえば、巨神兵です。昔からナウシカは巨神兵のシーンが大好きで繰り返し観ている作品です。

物語の舞台は1000年前の戦争で文明が滅んだ後の世界です。物語の設定だけでワクワクしてしまいます。その時に作られた生物兵器が巨神兵ですが、この作品の良い点は巨神兵をただ世界を焼き尽くした怪物と登場人物が言っている点です。

一言もかつての人間が巨神兵を生物兵器として利用していたとは言ってないのですが、映画の暴騰で、巨神兵が作られている壁画があったり、世界を焼いているシーンがあったりと戦争の兵器として存在していたのが無言のうちに解説されているのが素晴らしかったです。

そして、かつて過ちを犯した人間と同じように状況は違えど巨神兵を利用しようとする人間は、それがどれだけ恐ろしいものか分かっていてもそれで世界を制覇せずにはいられないという愚かしさと必死に抗う人々を描いています。人間の永遠のテーマである争いは消えないという事を分かりやすく描いており、とても考えさせられる作品に仕上がっています。

おすすめのアニメ映画:クレヨンしんちゃん

クレヨンしんちゃんの映画もアニメ映画を語る上では欠かせない存在ではないでしょうか。

モーレツ!オトナ帝国の逆襲

本作は、幼少期に観た印象と大人になってから観た印象がガラっと変わる作品です。一言でまとめると、クレヨンしんちゃん史上、アニメ史上後世に語り継がれるであろう名作中の名作に仕上がっています。

脚本はもちろん、BGMなど、どれも素晴らしく、ひろしの回想シーンで流れるアコースティックギターを聴くだけで涙するほどです。肝心のストーリーは、大人たちが20世紀に戻りたいという願望から、子供たちを見捨てて過去を生きるといった内容であり、ひろしとみさえもしんのすけを捨てて過去を生きようとしたのです。

そこでしんのすけや風間くんといった子供たちが大人を引き戻そうとするシーンが多々あり、そこには数多くの名言があります。「とおちゃん、オラがわかる?」「大人になって綺麗なお姉さんといっぱいお付き合いしたいから!」などしんのすけの名言や、ひろしのセリフで「オレは未来を生きる!」「家族のいる幸せをおまえたちにも分けてあげたいくらいだぜ!」には涙なしでは観ていられないほどです。

懐かしさを感じたいとき、泣きたいときに是非観てほしい作品です。

栄光のヤキニクロード

ギャグ路線を突っ切った王道のクレヨンしんちゃんらしい作品です。焼肉を食べるために悪の組織と戦う、そんな馬鹿らしい作品ですが、終始笑いが絶えないです。登場キャラクターも個性が強く、しんのすけが二人羽織をしたり、ひろしがオネエになったり、みさえがサラリーマンになったりと、野原一家の変化にクスクス笑ってしまいます。

クレヨンしんちゃんで人気キャラのぶりぶりざえもんやミッチー&よしりんも登場しています。ストーリーのあらすじは、野原一家が濡れ衣を着せられて、晩御飯の焼肉を食べれなくってしまうかもしれない状況を打破するために、熱海に本拠地を置く悪の組織のアジトに向かうといった内容になっています。

しんのすけの友情シーンにも注目してほしい作品であり、弱虫の代名詞であるマサオくんがしんのすけを裏切るシーンは見ものです。目標を達成するために野原一家が一致団結をする、ベタですがキャラクターの個性が作品の華を際立たせています。

ヘンダーランドの大冒険

映画クレヨンしんちゃん初期の作品であり、しんのすけがひろしとみさえ、喋る人形を悪の組織から救う作品です。泣けるシーンも笑えるシーンもどちらも備えていて、映画クレヨンしんちゃんシリーズでも不動の人気を誇る作品です。

私が幼少期に観た時は、トラウマになるシーンが多く、雪だるまが人間の言葉を話したり、呪文の「スゲーナスゴイデス」が原作者の臼井さんのキャラを現していたり、破壊力のあるオカマが野原一家を襲うシーンがとても印象的でした。

パペットマペットがしんのすけと協力し合うシーンでは、相変わらずのしんのすけの天然具合で癒されました。

生命の儚さ、人と人の信用、人とモノの扱いなど、人生において糧になる演出が多々あり、人生の大切なことを教えてくれるアニメ映画になっています。観たことがない方は、是非とも一度ご視聴してほしい作品です。

おすすめのアニメ映画:名探偵コナン

名探偵コナンの映画は第1作目が放映された1997年から現在(2019年)までに23作品が世に出てきました。そんな長年愛されてきた名探偵コナンの映画シリーズの中からおすすめ作品をいくつかご紹介します。

ゼロの執行人

これまでの名探偵コナンとは一味違った内容だす。事件の推理が公安、検察と複雑に絡み合っていくストーリーになって、よりストレートな推理ではならないような展開に仕上がっています。

東京サミットの地となる東京湾の新施設「エッジ・オブ・オーシャン」。サミットが開催される5月1日に2万2千人ものの警察官が出勤するというこの施設で突如、大規模な爆破事件が起きいる話です。

もちろん主役はコナンです。しかし、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称、「ゼロ」に所属する安室徹がメインの話で、8割りぐらいは安室徹で作られていると言っても過言ではない本作です。

そして、トリプルフェイスを持つ安室徹が敵なのか、味方なのか、気になる人は気になる安室徹ファンにとって贅沢な映画だと感じました。アクションシーンは翌々増えている名探偵コナンですが、今回はかなり多めにアクションが多かったです。

何よりも安室徹が好きなら一番心に残る映画だと思います。

迷宮の十字路

古美術を狙う窃盗団「源氏蛍」のメンバーが次々と殺害される連続殺人事件が起きる京都が舞台の、服部平次が映画初登場であり、主役の映画でもあります。一時的にコナンが工藤新一に戻る貴重な名場面を残した本作でもあります。

名探偵コナンを知らなくても楽しめる映画でもあり、知っている人でも納得ができるバランスの取れた最高のコナン映画です。服部平次と遠山和葉の関係がもどかしく描かれていて、幼い頃の初恋シーンは胸キュンした人は多いのではないのでしょうか?

仏像の在り処、そして仏像の在り処を示す謎の暗号、服部平次とコナンが解決へと導きだします。遠山和葉も大活躍し、蘭や園子、小五郎と言ったメンツもちゃんと見せ場が用意されています。

アクションシーンは本当に派手でカメラアングルが凄いの一言です。推理とアクションがこれ以上ないくらいにバランスのとれたアニメ映画です。

天国へのカウントダウン

高層ツインタワービルで起こる連続殺人事件と爆破事件、そして裏で蠢く黒ずくめの男たちが暗躍するストーリーです。灰原哀がスポットを浴びる話でもあります。少年探偵団が大活躍する話でもありました。

犯人の動機がわりとシンプルで分かりやすいと思いました。理不尽でもあるが、分からなくもないといった動機であり、コナンではよくある動機でした。黒の組織が絡むわりにシンプルで分かりやすかったです。

ラストがとにかく印象に残り、歩がしっかり時間を計り、「米粒一つでも残したらバチがあたるからな」と元太が言って、「絶対に離しません」と手を掴む光彦と少年探偵団がカッコイイ見せ場を作っていました。

灰原哀は今回のヒロインポジションだったりと、名探偵コナンのストーリーが進むんじゃないかと期待されていた映画であり、次が気になってドキドキしました。

伏線が多く、ドキドキしながら観ることができる面白いコナン映画でした。

スポンサーリンク

おすすめのアニメ映画:まとめ

おすすめのアニメ映画を紹介しましたが、気になる作品はありましたか?

「これ面白そう!」と感じた作品がありましたら、どんどん観ちゃいましょう!

また、アニメを観るのにおすすめの動画配信サービスをまとめた記事もありますので、そちらを参考にしてみてください。

当記事では、今後も面白いアニメ映画がありましたら、随時追加予定です!

おすすめアニメ:ジャンル別

おすすめのアニメをジャンル別にまとめています。

ファンタジーアニメ:面白いおすすめファンタジーアニメ!異世界転生から現代ファンタジーまでご紹介

日常系アニメ:おすすめ日常系アニメ!本当に面白い作品を厳選して紹介

泣けるアニメ:おすすめ感動できる泣けるアニメランキング!涙腺崩壊間違いなし!

ラブコメアニメ:おすすめの恋愛アニメ・ラブコメアニメ!胸キュン間違いなし【ランキング】

グルメアニメ:おすすめのグルメアニメ!美味しそうな料理がいっぱい!

ギャグアニメ:コメディ・ギャグアニメのおすすめランキング【腹筋崩壊】

音楽アニメ:音楽アニメのおすすめランキング!クラシック、バンド、アイドルなど!

ショートアニメ:ちょっとした空き時間におすすめの短編アニメ(ショートアニメ)!

ラノベ原作アニメ:ラノベ原作アニメおすすめランキング【ライトノベル】

アニソン:アニソンのおすすめランキング!懐かしソングから最新曲まで神曲を紹介