また明日。

ガジェットやWebサービス、アニメなどについて書き殴っています。

ディスプレイ(モニター)が映らない原因・対処法【パソコン初心者向け】

f:id:kotatuworld:20180707153058j:plain

パソコンの電源を入れてもディスプレイ(モニター)が映らなくて画面が真っ暗だと焦りますよね。

僕もパソコンのディスプレイが映らなくて焦ったことがあったのですが、一呼吸置いて調べてみたらディスプレイの電源が入っていなかっただけでした。

そういったこともあるので、まずは焦らず落ち着きましょう。

 

この記事では、パソコンのディスプレイが映らない原因と対処法をパソコン初心者向けに書いています。

 

ディスプレイが映らない原因と対処法

電源・ケーブルの確認

電源を入れたつもりだけど実際は入っていなかったり、掃除をするときにケーブルを抜いてそのままにしていたりなんてことはよくありますよね。

ディスプレイが映らない原因の多くがこういった単純なミスによるものです。

ディスプレイが映らなくなったら、とりあえず始めに電源がちゃんと入っているか、ケーブルが正しく接続されているかを確認しましょう。

 

埃を取る

パソコン周辺やパソコン内部に埃が溜まっていることが原因で、不具合を起こしている可能性があります。そのため、埃が溜まっている場合は不具合が起きないように埃をちゃんと取っておきましょう。

パソコン内部に埃が溜まるとパソコンの温度が上がり何かとトラブルを起こします。

埃が溜まった状態で使っているとパソコンが故障する恐れもあるので、埃を溜めないようにパソコンの掃除をちゃんと行うようにしましょう。

 

電源を入れ直す

一時的にディスプレイが映らない場合があるので、一度電源を切ってから、少し時間をおいてまた電源を入れてみてください。

それで直る場合もあります。

 

放電する

パソコンの中に電気が溜まっていることが原因でちゃんと起動しない場合があるので、放電して電気を逃がしましょう。

放電と言っても特に難しいことはなく簡単にできます。

シャットダウンした状態でパソコンに繋げているケーブルを全て抜きます。USBなどを接続している場合はそれも取り外します。

ノートパソコンの場合はバッテリーも取り外します。バッテリーはだいたい裏側にあります。

分からないときは説明書で確認してみてください。

その後、数分間放置します。

数分後、ケーブルを繋ぎ(ノートパソコンの場合はバッテリーも)電源を入れます。

以上が放電の一通りの手順になります。

完璧に放電を行おうと思うと、パソコンを開けてグラフィックボード等を取り外したり、パソコン内部の配線も抜いた方が良いのかもしれませんが、パソコン初心者の方はそこまでする必要はないのかなと思います。

よく分からずになんでもかんでも適当に取り出して壊れてしまっては意味がありませんので。

最低限、パソコンに繋がっているケーブル、USB、SDカード、DVD等のディスクは取り外しておきましょう。

 

直らない場合

上で紹介した対処法以外にも、BIOSの初期化などで直る場合もありますが、パソコン初心者の方からしたら難易度が少し高いです。

インターネット等で調べたらいくらでも情報は転がっているので、挑戦してみたい方は調べながらやってみてください。

とはいえ、難易度が高いことには変わりないので、パソコン初心者の方は上で紹介した方法で直らない場合は、買い換えるか修理に出した方が無難です。