フリーランスにとってのクラウドソーシングのメリット・デメリット

f:id:kotatuworld:20180510064630j:plain

これまではフリーランスになろうと思うと、会社でバリバリ働き実績とコネを作り独立する流れが一般的でした。

しかし、今ではインターネット上で仕事を発注、受注できるサービス・クラウドソーシングの登場により、誰でも簡単に仕事を見つけることができるようになりました。

フリーランス以外にもサラリーマンや主婦のお小遣い稼ぎなどにも使われ、多くの人が利用するようになりました。

そこで今回は、クラウドソーシングをこれから利用しようと考えている人にクラウドソーシングのメリット・デメリットをご紹介します。

 

クラウドソーシングのメリット

仕事がいっぱいある

クラウドソーシング最大手のランサーズではライティングやデザイン関係、システム開発などと多くの仕事が掲載されており、日々絶えずに仕事が発注され続けています。

そのため、仕事がなくて困ることがありません。

もちろん、ランサーズ以外のクラウドソーシングでも知名度の高いサイトでは常に仕事が掲載されています。

 

クライアントに直接会うことはほとんどない

インターネット上で仕事が受けられるので、自ら企業などに赴いて仕事をもらうための営業に行く必要がありません。インターネット上で仕事を受けることができるようになったため、地方にいても仕事を見つけることが容易になりました。

仕事の打ち合わせなどもメールやスカイプで行うことが多いので、クライアントの元に行く手間が省けます。

そのため、営業や打ち合わせに時間を取られることがなくなり、本来の仕事に打ち込むことができます。

 

時間に縛られない

時間に縛られないのはフリーランスの魅力の一つですよね。

クラウドソーシングではタスク形式にしろプロジェクト形式にしろ、納期までに仕事を仕上げることができればいいので、好きな時間に仕事に取り組むことができます。

 

実績がなくても仕事ができる

これまでは実績を積んでからフリーランスになっていたのが、クラウドソーシングでは実績がなくても仕事を受けることがきます。そして、それを実績にすることで、さらに大きな仕事へと繋げていくこともできます。

 

クラウドソーシングのデメリット

仕事の単価がかなり低い

例えば、ライティングだと1文字0.5円以下の仕事が普通に掲載されています。

全体的に見ても単価が低いので初めの頃はとにかく数をこなさないと稼げないです。

慣れてきたらプロジェクトなどで単価の高い仕事に挑戦することで収益アップが可能です。

 

クライアントとのやり取りがスムーズにいかない

打ち合わせにメールを利用することが多いのですが、発注者も受注者も常にメールを確認できるわけではないので、やり取りがスムーズにいかないことがあります。

 

クラウドソーシングの今後

デメリットで上げたように単価の低さから怪訝にされがちですが、仕事の受けやすさや打ち合わせに時間を取られない点などメリットが大きいことも確かです。

そのため、クラウドソーシングはこれまでにない新しい働き方として根付いていくと思われます。

 

クラウドソーシングはどんな人におすすめ?

クラウドソーシングはお小遣い稼ぎを目的にする人やこれからフリーランスになろうと考えている人におすすめです。

クラウドソーシングで掲載されている仕事の多くが低単価で設定されていますが、しっかりと実績を積み、高単価のプロジェクトに挑戦することで収益アップも可能です。

それだけではなく、プロフィールや実績を元にクライアントから直接依頼されることもあります。名指しで依頼しているわけなので、仕事の単価も高くなります。

やり方次第では食べていけるくらいには稼ぐことも可能です。

 

とりあえず登録しておきたいクラウドソーシングサイト

これからクラウドソーシングを利用していこうと考えているのなら、まずは「ランサーズ」と「クラウドワークス」には登録しておきましょう。

どちらも業界最大手で仕事の掲載数がかなり多いため、仕事がなくて困ることがありません。

 

ライター向けにおすすめのクラウドソーシングを紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

www.asugakuru.com