また明日。

ガジェットやWebサービス、アニメなどについて書き殴っています。

LINEを勝手に見られないようにパスコードでロックしよう

f:id:kotatuworld:20180517235305j:plain

LINEパスコードを設定してロックしておくことで、他人に勝手にLINEを見られる可能性が低くなります。

それだけではなく、スマホを紛失した際に個人情報を守るためにもLINEにパスコードを設定してロックしておきたいですね。

そこで、LINEにパスコードを設定する方法をご紹介します。

 

パスコードとは

アプリ起動時などに求められるパスワード(4桁の数字)のことです。

パスコードを設定することで、勝手にアプリを使用されることを防ぐことができます。

 

LINEのパスコードロックを設定する方法

Android版で説明していますが、iOSも手順は同じなので参考にしてみてください。

LINEを起動し、ホーム画面から右上の設定をタップします。

f:id:kotatuworld:20180518003144j:plain

「プライバシー管理」をタップします。

f:id:kotatuworld:20180518003518j:plain

 

パスコードロックのチェックボックスをタップします。

f:id:kotatuworld:20180518003514j:plain

 

すると、パスコードの設定画面に移るので、ここで設定したい4桁の数字を入力します。

このとき、自分の誕生日などの分かりやすい数字を設定してしまうと、知り合いからは簡単にパスコードを当てられるのでご注意ください。

一度入力すると、右の画像の画面に移り、確認のため再入力を求められるのでもう一度入力します。

f:id:kotatuworld:20180518003512j:plain f:id:kotatuworld:20180518003505j:plain

 

以上で、LINEのパスコードの設定は終わりです。

次からLINEを起動するときはパスコードの入力を求められるので、設定した4桁の数字を忘れないようにしましょう。

 

パスコードを間違えた・忘れたときはどうなるの?

パスコードを間違うと下の画像のようになり、もう一度入力を求められます。

f:id:kotatuworld:20180518003502j:plain

 

パスコードを忘れてしまうと、LINEを削除して再インストールしなければいけなくなります。

 

4桁の数字とはいえ、ついつい忘れてしまうこともあると思います。

そういうときのために、パスコードをどこかにメモして管理するようにしましょう。

紙に書いてもいいですし、スマホのメモ帳アプリに書いておくのもいいですね。

どこにメモするにせよ、メモしたものが第三者にバレてしまってはダメなので、ちゃんと管理するようにしましょう。